· 

内分泌系(ホルモン)に働く精油~PMS、更年期、月経トラブル~

 

こんにちは!

 

Aroma Tacet会員限定の学習ページ『アロマTIPS/基礎知識』へようこそ。何度でも繰り返し読んでアロマの基礎知識を学んでくださいね。

 

 

内分泌系とはホルモンを分泌する器官のこと。アロマセラピーで整えられる内分泌系の不調は、ホルモンバランスの乱れによるイライラや体調不良、特に女性であれば月経前後の不調です。

 

今回は、内分泌系(ホルモンバランス調整)に積極的に働いてくれる精油と活用方法を学んでいきます。

 

クラリセージ(Clary sage)

クラリセージ(学名:Salvia sclarea)

エストロゲン様作用といって、女性ホルモンのひとつである「エストロゲンホルモン」に似た作用を持つスクラレオールという成分が多く含まれている、いわば女性のための精油です。

セージにはクラリセージ以外にもさまざまな種類があるため、学名の確認が不可欠です。

緊張を和らげてくれる働きもあります。

 

どんな内分泌系の不調に働くの?

  • 生理痛
  • 月経障害
  • 更年期障害
  • ホルモンバランスの乱れによるストレス

 

月経や更年期などホルモンに関係する不調に大変効果的で、とても重宝される精油です。日本人にはあまりなじみのない香りですが、ホルモンバランスが崩れていると感じる時に嗅ぐと、なぜかとても心地よく感じるという方も多い香り。

婦人科系の疾患に伴う腰痛にも、マッサージで取り入れると大いに役立ちます。

 

ジャスミン(Jasmin)

ジャスミン・グランディフローラム(学名:Jasminum grandiflorum)

ジャスミン・サンバック(学名:Jasminum sambac)

花から採取される深く官能的な香りが、心身を包み不安や緊張から解き放ってくれます。

 

ジャスミンは、水蒸気蒸留法では抽出されないため溶剤抽出法を使います。そのためあまりマッサージに使用されることはなく、芳香浴におすすめ。

 

少量であれば香油やマッサージに使用できます。

 

 

どんな内分泌系の不調に働くの?

  • 月経のストレス、イライラ
  • 月経による抑うつ
  • PMS

 

香りがとても強いため、少量の使用にとどめましょう。高濃度で嗅ぐと頭痛や吐き気を催すこともありますので注意が必要です。

甘く深い香りで鎮静作用が強いため、 ゆったりくつろぎたい時の使用が最適です。

 

ゼラニウム(Geranium)

ローズゼラニウム(学名:Pelargonium graveolens)

 

バランスの精油と呼ばれていて、ホルモンバランス調整の役割に優れています。

ローズゼラニウムはその名の通りローズに香りも作用もよく似ていて、高価なローズの代用品としても使用できます。

月経による体調不良にもデトックスにも使える、女性の味方です。

 

どんな内分泌系の不調に働くの?

  • PMS
  • 更年期障害
  • 月経によるストレス

 

月経不順や月経痛で辛い時には、からだを楽にしてお腹を温めながら、ゼラニウムの香りをゆっくり嗅ぐと精神的な辛さも、それによるイライラも和らいでいきます。

ゼラニウムは産地や抽出部位(通常は葉ですが、花のものもあり)によって香りが大きく異なるため自分の好きなものを見つけて、備えておくとより効果的に使用できます。

 

ローズオットー(Rose otto)

ローズオットー(学名:Rosa damascena)

花の香りの女王ローズは、精油は女性の不調全般に対して抜群の作用を持ちますが、希少なもので値段もとても高価です。

ローズオットーの『オットー』は水蒸気蒸留法で抽出されたものにだけ付けられる名前。溶剤抽出法のローズアブソリュートとは区別されます。

 

 

どんな内分泌系の不調に働くの?

  • 婦人科系のトラブルによるイライラ、不安
  • 分娩促進
  • 更年期障害
  • 月経不順
  • 出産後の抑うつ

 

高価な精油ですが、その内分泌系に対する働きは特筆すべきものがあります。

精神的なサポートとして、イライラや緊張の緩和、頭痛、更年期のトラブルに大変役立ちます。

ホルモンバランスの乱れによる肌荒れや皮膚炎にも役立つため、植物油に希釈して美容オイルとしても活用できます。香りが良いため心地よく使用できます。

 

カモミール・ジャーマン(German chamomile)

カモミール・ローマン(Roman chamomile)

カモミール・ジャーマン(学名:Matricaria chamomilla)
カモミール・ローマン(学名:Anthemis nobilis)

カモミールには、大きくジャーマンとローマンがあり、カモミール・ジャーマンの方が薬効性が高く特に皮膚の炎症を抑える効果や局部に使用するのに向いています。

 

一方カモミール・ローマンは心理的作用に優れていて、月経によるイライラを鎮めてくれます。

 

どんな内分泌系の不調に働くの?

  • 月経痛による緊張
  • 月経痛による不眠

 

ハーブティーのカモミールティーに使用されているのはカモミールジャーマンの方ですが、精油は黄色ではなく青色です。この青色は精油を抽出する時のみ生じます。

 

カモミールジャーマンはとても独特な香りを持つため、苦手な方は無理して精油を使わずハーブティーを飲むのもおすすめです。アロマセラピーは心地よいと感じる香りであることが大前提であり、「補完療法」です。

 

アロマだけに固執せず、心地よく取り入れられる方法を幅広く学び、自分でケアしたりお客様にご提案できるようになりましょう。