· 

「香りで選ぶ」ってこんなに大切なんです!

 

こんにちは!

 

Aroma Tacet会員限定の学習ページ『アロマTIPS/基礎知識』へようこそ。何度でも繰り返し読んでアロマの基礎知識を学んでくださいね。

 

 

『アロマセラピーの効果を感じないワケ』で、好きな香りでないと効果を感じにくいということをお伝えしましたが、「香りで選ぶ」というのは思っている以上に大切なことです。

 

今回は、その理由と「好きな香りの選び方」を学びます。

 

その精油の香り好きですか?

香りは本能で選ぶ

 

ヒトは香りを脳で感じます。香りを体に伝える嗅覚は唯一、大脳辺縁系という古い脳(原始脳)に直結しています。

 

この大脳辺縁系は本能や記憶、直感を司る場所。だから、香りを嗅いだ時に感じる本能的な「好きだな、癒されるな」という感覚や直感はとても大切で絶対無視してはいけません。

 

ただ、精油/エッセンシャルオイルの香りは植物そのままの香りに比べて強いため、嗅ぎ慣れていない香りは拒否する場合も多々あります。特に日本人は柑橘系の香りが好きで、ハーブの香りは苦手な方が多く、高齢者はよりその傾向が強くなります。

 

例えば、リラックスの香りとして定着している「ラベンダー(Lavandula angustifolia)」ですが、嗅ぎ慣れていない人やラベンダーの香りが記憶にない人はリラックスには繋がりにくい傾向があります。

 

より本能に素直に香りを感るために、香りを選ぶ場合は瓶から直接ではなく、香りの広がるムエットにとったり、希釈したものを嗅いでみると、その精油の本当の香りが分かりやすく、感じやすくなります。

 

原液そのものの香りは苦手で効果を感じにくい方も、好きな香りや実際の植物に近い香り(希釈した香り)は脳が受け入れてくれて効果を感じられるはずです。

 

香りは本能で感じるということをぜひ覚えておいてくださいね。

 

お客様やクライアント様に好きな香りを選ぶときに大切なこと

 

もし第三者にアドバイスしたり処方したりする場合は、効果効能を押し付けず、クライアントさんが最もリラックスできる「本能的に好きな香り」をゆっくり選んであげることがアロマの効果を感じやすくなるコツです。

 

香りが苦手でも、どうしても効果効能で選びたい!という方にはぜひ香りを混ぜて使う「ブレンド」をご提案してあげてください。それができるのもアロマセラピーの強みです。

 

希釈して嗅いでもらう場合にはキャリアオイル/ベースオイルに混ぜて嗅いでいただくのがいいと思います。そして、ここで大事なのは自分でも

  • 原液の精油の香り
  • 希釈した時の香り
  • 肌につけた時の香り

 

を知っておく必要があることです。自分が実践したことのないことや経験したことのないことをお客様やクライアント様にお伝えしても、相手の反応に共感することができません。

 

自ら様々な精油/エッセンシャルオイルに触れて、日ごろから感じておくことが、信頼関係が築けるかどうかのカギになります。

 

アロマセラピストでなくても、第三者にアドバイスをする場合には相手より自分の知識と経験が上回っているという自負が何よりの自信になります。

 

ワークサロンでどんどん実践して、できるだけ多くの香りに触れて経験値を上げていきましょう。