· 

アロマセラピーの効果を感じないワケ

 

こんにちは!

 

Aroma Tacet会員限定の学習ページ『アロマTIPS/基礎知識』へようこそ。何度でも繰り返し読んでアロマの基礎知識を学んでくださいね。

 

 

自己流でアロマセラピーを楽しんでいる方の中には、アロマの効果をあまり実感できていない方や、ただいい香りだからアロマを焚いていて特に目的なく使っている方がいらっしゃいます。

 

それってすっごくもったいないです!アロマの効果を実感できないのにはきちんと理由があります。お仕事にアロマを活用したい方はなおさら、なぜ効果を実感できないのかその理由を知っておくことはとても大切です。

 

アロマの大前提を忘れない

 

そもそもアロマセラピーというものは、まだ医学が現代のように発達していないころに植物の薬理作用を利用したけがの手当てに使われていたり、気持ちを落ち着かせるために祈りの場で活用されていたもの。

 

何となくではなく、『意識的』に使ってこそアロマを使う意味があります。

 

第三者にアロマの知識を提供するなら尚更、アロマセラピーの大前提である「意識的に使う」ということを常に考えておく必要があります。

 

本物の精油を使っていますか?

 

アロマ(精油/エッセンシャルオイル)を嗅いでもリラックスできない、気持ちが落ち着かない…そんな時に1番に確認するべきなのは使っている「香り」そのものの質です。

 

アロマセラピーに使う精油/エッセンシャルオイルは香りの原料となる芳香植物から様々な方法で抽出された「植物のパワーが凝縮されたエッセンス」です。

 

手ごろだからという理由だけで安価な精油/エッセンシャルオイルを選ぶと本来得られるはずの精油の働きが全く感じられないばかりか、そのアロマオイルは精油/エッセンシャルオイルですらない可能性もあります。

 

『アロマの基礎知識/応用知識』で、精油の見分け方を学べますので、今一度正しい精油の見分け方を学んで、ニセモノを使わないように気を付けましょう。

 

 

その精油の香り、好きですか?

 

アロマセラピーは「香り」と「効果効能」の2つのバランスが取れて初めて効果を発揮するということを知っていますか?

 

アロマセラピーの効果効能は、精油/エッセンシャルオイルに含まれる芳香成分(天然の化学成分)によるもので、1つの精油に様々な芳香成分が混ざり合っているため、それぞれに特徴的な働きが表れています。

 

ただ、効果効能だけを追い求めて精油を選ぶと、「なぜか全く効果効能を感じられない」ということも起こってしまいます。それは、「苦手な香りを無理やり嗅いでいるから」かもしれません。

 

この香り好き!という直感は何よりも大切な精油選びの判断基準です。自分に合った精油もしくは、クライアント様に合う精油を見つけたいときにはまずは香りを優先すること。

 

アロマセラピーの効果を感じにくい時は、むしろ効果効能はひとまず横に置いておいて。香り>効果効能ということをいつも覚えておきましょう。

 

 

目的を持ってアロマを使っていますか?

 

 

アロマセラピーの効果を感じないワケ。最後は、目的の欠如です。

 

アロマは香りで選ぶことが最優先ということをお伝えしましたが、効果効能ももちろん大切です。でもアロマセラピーの効果を感じない方の多くはあいまいな目的でアロマを使っていることが多いんです。

 

何となく「リラックスしたいな…よく聞くからラベンダーを買って嗅いでみようかな。」

 

という方と、

 

意識的に「夜寝る時にリラックスした気分になりたい。安眠したいから、枕元にラベンダー精油を数滴たらしてゆっくり呼吸してみようかな」 

 

という方では同じ状況でアロマを使っても効果の感じ方が全く違うはずです。この二つには

  • 自分の今の状態をちゃんと把握できているか
  • 精油の働きや特徴を知っているか
  • 最適な使い方と、プラスαのリラックス法を取り入れているか

という大きな違いがあります。

 

目的を持つということは、精油の効果効能を最大限に引き出すためにとても大切なのです。

最後に

 

精油には穏やかですが、確かな効果効能が存在します。

 

それをどれだけ引き出せるかは、どれだけ実践して実感したかがすべてです。正しい精油を選ぶことや香りを選ぶことは一人でもできますが、アロマでできることや効果効能の知識は一緒に学べる仲間と環境があった方が断然スムーズに学ぶことができます。

 

どんどんサロンを活用して、実践して、一生モノの知識を身につけてください。